不動産会社 選定

不動産会社の選定ポイント

家を売るとなると、買主を探してもらうためにも不動産会社に依頼します。しかし不動産会社といっても実は全国で12万社もあり全てのコンビニが6万店ですのでその倍もあるのです。しかもひとくくりに不動産会社といっても売却を得意とする会社もあれば賃貸をメインとしている会社など様々です。

 

不動産売却をするなら売却に強い不動産会社を選ぶのが絶対条件!そのためにも不動産会社を選ぶとき選定するポイントがとても重要になります。ここでは不動産売却を成功させるため不動産会社の選定ポイントを紹介します。

 

どれがいいのかな

 

不動産会社選びの大前提!

不動産会社を探す時は必ず複数社に査定依頼を出して比較することが絶対条件です。なぜなら不動産会社と言うのはそれぞれ特徴や強みが異なりますのであなたの物件に相性の良い不動産会社を探すには必ず複数社を比べるのが基本です。

 

そこで利用するのが不動産一括査定サイトです。不動産一括査定サイトを利用することにより、同一条件、同一タイミングで比較することができるので感情に左右されずしっかりと比較することができるからです。不動産一括査定を利用しないと、結局複数社に査定依頼するつもりでも最初の1社目で決めてしまう方が本当に多いからです。一括査定を利用することにより強制的に複数社に査定を出せるところもポイントです。手間もかけず時間もかからなくしかも無料でできるので利用しない手はないと思います。

 

複数社査定依頼

 

不動産会社を決める選定ポイント5つの基準を紹介します!

 

  • 売却実績がどれくらいあるか?
  • 返答は早いのか?
  • 不動産会社と売却物件の距離は近いのか?
  • 担当者は信頼できるのか?
  • 査定額は高すぎないか?

 

 

売却実績がどれくらいあるか?

ひとくくりに不動産会社といってもそれぞれ不動産会社は得意分野が異なります。特に不動産売却となると得意としている会社はほんの一握りなのが現状です。過去の売却実績を見ればわかると思いますが売却できる不動産会社はある程度決まっており多くの会社が売却実績が0が多いです。必ず売却実績のある不動産を選びましょう。中古の不動産と言うものは定価がないため、新築物件より経験や実績がものをいいます。ホームページに過去の売却実績を見てみましょう。多くの場合掲載されてない会社が多いので直接聞いてみると良いと思います。

 

 

 

 

返答は早いのか?

不動産会社に査定を依頼出した場合または問い合わせをした場合の返答の速さも不動産会社を選定する上で重要な見極めるポイントとなります。なぜなら返答が遅いと言う事はあなたの物件に対して魅力を感じていないのか、もしくはあまりの忙しさに手が回らない状況が考えられます。どちらにしてもこのような不動産会社に依頼しても満足のいく売却ができるとは思いません。簡易査定の場合早ければ1時間で回答が来る会社も多いです。

 

 

 

不動産会社と売却物件の距離は近いのか?

売却物件と不動産会社との距離も実は大事な要素になります。不動産売却と言うのは、なんだかんだ言って地の利が強みになります。事実中古物件の大半は近隣住民の方が購入しています。地元密着の不動産会社でしたら地域の人脈やパイプライン、購入者リストなど持っている場合が多いです。また距離が近いと内覧をするときにもスムーズかつ柔軟にに対応できますし、何かトラブルがあった場合も直接すぐに伺うことができるのも大きなポイントです。これらの点から考えても売却物件と不動産会社の距離は近いほうが有利です。

 

 

担当者は信頼できるのか?

不動産売却をする上で信頼できる不動産会社を選ぶのは絶対条件ですがそれと同様に担当者も信頼できるかがとても大きな選ぶ基準になります。不動産売却は早くても3ヶ月はかかると言われるほど長いイベントです。その間、二人三脚で売却と言うゴールを目指すパートナーです。連絡する回数も多いですしお互い信頼関係が成り立ってないと良い売却ができるとは思いません。相性もとても重要な要素ですのでしっかり担当者も見極めましょう。また当然のことながら不動産売却の知識の有無も確認してください。不動産業界は入れ替わりが激しいので業界歴1年未満の方も実は多くいます。不動産と言う高価な商品を取り扱う以上しっかりと経験のある方に任せたいですよね。できれば業界歴3年以上、宅地建物取引しの免許を持っている方が良いかと思います。

 

 

 

査定額は高すぎないか?

不動産一括査定を利用して査定を出してもらってると思いますが、査定額と言うのは売却額ではありません。あくまでも3ヶ月あれば売却できるであろうその不動産会社の予想価格に過ぎません。1社だけ明らかに他社と比べて高い査定額を出した場合、疑ってかかったほうが良いかと思います。結局のところ契約を取り不動産を売却しなければ不動産会社は1円も利益が取れないので、売れるとは思わないような高い査定額を見せつけて契約を取りに来る不動産会社もあるので気をつけてください。このような不動産会社はそもそも騙して契約を取りに来ているので信頼性なんて全くないですよね。結局値下げせざるを得ない状況になり売却期間も長くなる傾向になります。

 

 

不動産会社を選ぶ基準のまとめ

不動産会社,選定,不動産売却

不動産会社を選ぶ基準について細かく紹介してきました。まずは不動産一括査定を利用して最低でも3社から5社に査定依頼に出しましょう。出された査定結果又は連絡方法を見て信頼できる不動産会社を探しましょう。信頼できると思った不動産会社に対して次は訪問査定を依頼します。担当者を見て信頼できる人がいたらその不動産会社と専任媒介契約をするのがオススメです。一般媒介契約より専任媒介契約の方が、一生懸命売却活動してくれますし広告費も多く使ってもらえます。何よりもサポートもしっかりしてもらえますのでお勧めは専任媒介契約です。

 

\かんたんに自宅のお値段が分かる/

HOME4U

▼公式サイトはこちら▼