横浜市に特化して紹介横浜市には不動産会社が多くあり、タウンページを見る限り1000社以上あります。不動産会社はそれぞれ個性があり得意とする分野が異なってきます。空き家を高く売りたいなら空き家の売却実績のある、不動産会社を選ぶのが鉄則です。そこで便利なのが不動産一括査定です。

 

エリアや売却物件を参考に高く早く売却できる不動産会社を選ぶ事ができます。手間や時間をかけずに空き家の売却を得意とした不動産会社を紹介してくれます。ぜひ活用しましょう!当ページでは横浜市で空き家を売る方に特化した形で少しでも参考になる情報を紹介します。

 

 

横浜市の空き家状況

横浜市空き家事情
出典:横浜市空き家対策

 

 

横浜市の空き家数は約17 万8千戸と、住宅の約 10%を占めてます。特に戸建ての空き家が増加傾向で平成 20年〜平成 25年の5年間で約30%増加しています。横浜市の人口は平成28年にピークを迎え減少し始めてます。人口の減少は住宅市場が縮小を意味しており、需要減退による不動産価値下落に繋がります。

 

また人口減少は空き家数の増加に繋がり安く売り出されることが考えら地価の下落要因です。この先横浜市は人口が減り続ける予測です。

 

横浜市人口推移
出典:横浜市将来人口推計

 

 

空き家にかかる費用は莫大!?

空き家にかかる費用は想像以上にかかります。代表的なものに固定資産税等の税金、ガスや電気の基本料金、建物のメンテナンス費用が挙げられます。以下の図にまとめてみました。

 

横浜市空き家保有リスク

 

マンションですとさらに管理費や修繕積立金がかかります。また空き家管理サービスに依頼すれば月額で3000から10,000円の費用がかかります。安く見積もっても1年間で数十万円、中には1年間に100万円の維持費がかかります。

マンションを維持するための税金や、管理費修繕積み立て金に費やす費用は、不動産の所有者としての義務です。

 

空き家を売るなら今が良いタイミング?!

空き家を売却するなら今が良いタイミングかもしれません。横浜市ではこの先空き家数は増加していきます。2030年には住宅の三件に一件が空き家となる可能性があるそうです。安くても売却できれば良い方で、売りたくても売れない時代になる可能性があります。

 

つまり、処分したくても、税金と維持費が継続的に支払う金食い虫になるリスクがあるのです。2019年の今の段階ですと空き家も比較的高値で売却可能です。都心の不動産バブルの波及により横浜市でも近年地価が上昇してきてます。空き家を放置している方はこのタイミングで売却することをお勧めします。

 

売れない空き家は市町村(横浜市)に寄付できるの?

市町村への寄付は期待できないでしょう。市町村にとって不動産から得られる固定資産税は横浜市にとっても貴重な財源だからです。魅力的な不動産でない限り寄付は期待できないでしょう。

 

空き家を売却するなら不動産一括査定がお勧め!

横浜市で空き家を売却をお考えならば不動産一括査定を利用することをお勧めします。不動産一括査定とはネットを利用して簡単な物件入力をするだけで複数社に査定依頼することができます。紹介される不動産会社はあなたのエリア、建物の形態をみて最適な会社が紹介されるので、不動産会社選びをリサーチしたり探す手間がかかりません。もちろん直接不動産会社に足を運ぶ必要もないので忙しい方にとってはすごく重宝するサービスだと思います。その他にも不動産一括査定のメリットはたくさんあります。

 

不動産一括査定のメリット

  • 時間や労力をかけずに不動産会社に査定依頼できる
  • 空き家の実勢価格がわかる
  • 複数の不動産会社を比較することができる
  • 空き家売却に強い不動産会社が紹介される
  • 悪徳業者に遭遇するリスクが減る

 

お勧めの不動産一括査定はHOME4U

大矢印下水色

\横浜市で空き家を売るならココ/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

 

HOME4Uの特徴
横浜市home4u①
横浜市home4u②
横浜市home4u③
横浜市home4u④

 

 

横浜市の空き家売却に対する補助金を紹介

 

  • 相続による3,000万円特別控除
  • 10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例
  • 特定の居住用財産の買換え特例

 

相続による3,000万円特別控除
相続による3,000万円特別控除とは不動産を相続してその不動産を譲渡した場合に3,000万円までは税金の控除を受けることができる制度のことです。

 

横浜市3,000万円特別控除

 

 

・10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例

 

・特定の居住用財産の買換え特例

 

 

よくある質問Q&A

 

横浜市には空き家バンク制度があるの?

 

横浜市には空き家バンク制度はありません。空き家を売却するなら不動産会社に依頼しましょう。

 

売却するのにもお金が必要なの?

はい。売却するのにもお金が必要になります。

 

かかる経費は以下のとおりです。

①契約書の印紙代
②抵当権が設定される場合はその抹消費用
③住所変更登記が必要な場合はその費用
④その他(お引越代、残物置かたずけ代)

※現金の用意が無くても売却代金でお支払できます。

 

 

 

横浜市で空き家売却のまとめ

横浜市の空き家情報や一括査定、その他空き家に関する情報を紹介してきました。横浜市は既に人口減少社会に突入し少子高齢化も進んでいる状況なので、これからはより一段と空き家数の増加が推測されてます。空き家が増加する事により、横浜市ではこの先空き家を売却するのが困難なることが考えられます。この先空き家に住む予定のない空き家なら早めの行動をお勧めします。
査定価格

500万円アップも可能?

累積35万件以上の圧倒的な査定実績

 

不動産一括査定で1番の実績

横浜市で空き家を売るならココ♪