仲介手数料紹介
不動産売却はただ家を売却して利益を得るだけではありません。買主を探し売買契約を仲介してくれる不動産会社に支払う仲介手数料がかかります。仲介手数料は不動産売却の費用の中でとても大きな金額になります。ここでは不動産売却における仲介手数料について詳しく説明します。

 

仲介手数料の計算方法

不動産売買における仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で以下のように上限の価格が定められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売買価格には消費税を含んでありません。

売買価格が400万円を超える場合は、 以下の計算で手数料がわかります。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

この価格が手数料の上限値なので これより高い価格を請求される事はありません。 中には 仲介手数料が無料なな会社もあったり、 早期売買すると手数料負けてくれる会社も出てきてます。 仲介手数料早見表

 

仲介手数料はさまざまな手続きを行ってもらうための手数料

仲介手数料は、不動産会社の営業努力によって買主を見つけ売買契約の仲介をすることに対する対価だけではありません。家(マンション、戸建て)の所有権移転に関する手続きなどの手数料も含まれています。仲介手数料の支払う対価がどれほど含まれているか不動産会社により違いはありますが、通常以下のようなものが仲介手数料に含まれています。

 

 

1. 売却物件にローンが残っている場合のアドバイスや金融機関との交渉。
2. 重要事項説明書の作成
3. 売買契約書の作成
4. 火災保険等の保険の代行手続き
5. 重要事項説明と契約締結
6. 支払い手続き
7. 権利移転登記の手続き(実施は司法書士で費用は別途かかる)

上記内容以外にも不動産売却のための広告費等も含まれています。一番初めに「媒介契約」を不動産会社と結ぶ際、どこまで責任をもってくれるのかは事前に確認しておきましょう。

 

仲介手数料に関するよくある質問Q&A

業者買取にも仲介手数料はかかるの?

いいえ、かかりません。
業者買取の場合、直接不動産会社が買い取りますので買主を探して仲介する必要がありません。

 

仲介手数料はどのタイミングで支払うの?

仲介手数料の支払う時期は売買契約成立後です。一般的に売買契約成立した後に50%、物件の引き渡しがあった際に残りの50%を支払う事が多いです。

 

広告やポスティングなど売却活動してもらったのですが売買契約に至りませんでした…。それでも仲介手数料を支払うの?

いいえ。仲介手数料は成功報酬です。売買契約に至らなかった場合は仮に不動産会社が広告費を出していたとしても支払う必要はありません。

 

仲介手数料のまとめ

仲介手数料のまとめ
不動産売却における仲介手数料について細かく紹介してきました。不動産を売却すれば仲介手数料が発生する事が分かってもらえたと思います。注意してもらいたいのが売却価格=住宅ローン残高では、仲介手数料分が引かれますので住宅ローン残高が支払えない状況になります。住宅ローン残高が残ってしまうと抵当権が外せないので売却することができません。

 

一括返済もしくは借り換えなどする必要が出てきてしまいます。仲介手数料は、事前にいくらで売却できるか予想できれば知る事ができますのでしっかりと仲介手数料がいくらかかるのか最初の段階で把握しておきましょう。