住宅ローン

住宅ローンが残っている場合は抵当権が設定されているはずです。不動産を売却した場合において、抵当権は所有権を移転しても引き継がれるため、抵当権を解除してから買主に移転しなくてはなりません。そこで抵当権抹消するための費用はいくらかかるのか心配になりますよね。ここでは抵当権抹消するための費用を紹介します!

 

不動産における抵当権とは一言で言えば担保で、万が一住宅ローンが払えない場合は購入した不動産を差し押さえる権利のことです。

 

抵当権抹消登記で注意する点

 

注意すべき点①
住宅ローンを完済していても抵当権登記を抹消手続きをしなければ登記上まだ残っている状況になります。必ず所有者自身で抵当権抹消手続きを行う必要があります。

 

注意すべき点②
登記上の住所、所有者が異なる場合はそれぞれ住所変更登記、氏名変更登記を先に行っておく必要があります。

 

抵当権抹消するための費用

抵当権を抹消するための費用は登録免許税と司法書士への報酬です。

 

登録免許税

登録免許税は土地・建物それぞれに個別にかかります。1つの不動産につき1000円です。つまり不動産の数× 1000円です。マンションの場合は土地について所有している分の土地、マンション内の敷地等複数に分かれている場合があります。その場合は分かれてる分の数だけ登録免許税がかかります。

 

住所変更登記及び氏名変更登記がある場合も不動産の数×1000円で抵当権抹消登記とは別に支払います。

 

司法書士への報酬

抵当権抹消登記は5000~12,000円程度です。
住所変更登記及び氏名変更登記が必要な場合は別個に10,000円〜1万5000円必要です。

 

 

抵当権抹消登記をしない場合のデメリット

 

住宅ローンの支払いが完済すれば抵当権の効力もなくなります。つまり抵当権の効力は無いのですが登記上だけ抵当権が付いている状況ですので放置していても良いのではないかと思う方もいるかもしれません。しかし抵当権は抹消登記をしないと様々なデメリットがあります。

 

①基本的に手続きをしないと売却することができない
登記上に抵当権が付いていれば第三者からしてみれば抵当権が付いていると思い誰も不動産を購入してくれません。また所有権移転の際も基本的抵当権の登記を解除しておく必要があります。

 

②他のローン等の審査に影響が出る
住宅ローンがなくなっているのにまだ抵当権の解除してないとなると人としての信用性が下がってしまいます。また登記の流用と判断されてしまう恐れもあります。必ず住宅ローンの支払いが終わったら早めに抵当権を解除しておきましょう。